面白いことがあって笑う時は、普通に笑えるのに

写真になると、笑顔になるのは難しく感じませんか?

 

どうして写真を撮るときになると難しいかというと

面白いことが何かあって笑う時には

脳から指令が行って、無意識に口角が上がって、笑顔になるのですが

 

写真を撮るときなどは

意識して、笑顔を作らなくてはいけないからなのです。

 

みなさんが思う素敵な笑顔はどんな笑顔ですか?

素敵な笑顔の作り方

 

目元は目じりが少し下がって、口元は口角が上がっている。

 

スマイリーマークのような

そんな笑顔ができていたらパーフェクトですよね。

 

 

ですが、表情の癖や、歯並び、噛み癖によって

綺麗な笑顔が作れない方もいらっしゃいます。

 

私自身、表情筋を学ぶまでは

笑顔がとても不自然で、こわばっていました。

 

笑顔がこわばってしまう理由

 

 

特に、難しかったのは、口角が上げられなくて、口元が横一文字になってしまっていたこと。

それから、笑顔になるときに、前歯を見せて笑えなかったこと。

 

どうやって、口角が上がるのか分からなくて

いつも顔がこわばってしまっていた記憶があります。

 

実は私、昔は顎変形症で(下の歯が出ている、受け口でした)

20歳の頃に、前歯が出るように手術で治しているのですが…

そもそも上の歯を見せて話せる表情筋がついていないので

手術をした後も、話す時、口を開けた時に、前歯を見せて話すことができませんでした。

 

それくらい、人の骨格や、今までの表情の癖によって

表情筋の付き方は、人によって異なってしまっているものなのです。

 

このような原因で

笑顔を作るときに必要な表情の筋肉が、たりていない方もいらっしゃいます。

 

表情筋を鍛えれば笑顔を作れる

 

ですが、表情筋は

体の筋肉と同じで、何歳からでも鍛えることができる筋肉!

何歳になってからでも、自分の笑顔を変えたい!と思った時から

筋肉をトレーニングして、鍛えることができる素晴らしいものなのです。

 

私はレッスンを受け始めてから

3か月で自分の笑顔が変わったことを実感しました!

 

意識して笑顔を作るときに

どの顔の筋肉を動かせばいいのか分かると

無意識で笑う時でなくても、自信をもって笑顔になれる。

 

笑顔に自信がないと

写真を撮るときは、こわばった笑顔になりがちです。

 

写真を撮る機会が多くなっている、この時代だからこそ

素敵な笑顔を作るための表情筋を鍛えて、笑顔美人になりませんか?

 

笑顔を作る表情筋について気になる方は、

ぜひこちらの笑顔美人表情筋レッスンページからお申込くださいね♡

Leave a comment


上の計算式の答えを入力してください